植物オイルと一言でいっても、本当に種類が豊富です。
植物由来の天然成分100%で安全性が高く、スキンケアやヘアケアなど、全身に使用する事が出来るので、使い勝手がいいと言えるでしょう。ただし、オイルの種類によって、特徴がそれぞれ違うため、自分好みのオイルを選ぶのが大変です。
ではいくつかオイルを紹介します。

「グレープシード油」は名前通り、ブドウのタネを原料とした植物油です。
ビタミン類が含まれるため、肌への浸透や、角質の除去の効果が期待できます。
敏感肌の人でも安心してしようする事が出来ますが、取扱いに注意が必要です。
配合成分のヨウ素が酸化しやすい性質があるので、開封後はあまり日持ちがしません。
直射日光が当たらずに、湿気がない場所に保管するように心がけて下さい。

「マカダミアナッツ油」ハワイのお土産で有名なマカダミアナッツを原料としたオイルです。
肌への浸透性が高く、顔にも安心して使用する事が可能です。
しっかり潤いをキープする事が出来るので、乾燥肌の人にオススメです。
ただし、価格の安い商品を選ぶと、品質がイマイチでオイルに粘性があるため粘性があるオイルが要注意です。

「スイートアーモンド油」スイートアーモンドを原料にしたオイルです。
スイートアーモンドは化粧品の材料として使用される事が多く、炎症がある肌にも使用可能なので、敏感肌の人でも安心です。使い勝手も、伸びがよくつけ心地がいいオイルだと言えます。

他にもいろいろな種類のオイルがあるので、お試しサンプルなどが取り寄せ可能なら、実際に自分の肌で使い心地を確かめてみてください。